前へ
次へ

ダイエットにいい運動のタイプを知る

陸上選手の体型を見ると様々なタイプがいます。
短距離選手は全身に大きな筋肉が付いていますし、長距離選手は短距離選手に比べるとかなり痩せている人が多いです。
短距離選手は主に速筋と呼ばれる筋肉を使ってレースをするのに対し、長距離選手は遅筋と呼ばれる筋肉を使って長時間のレースに挑みます。
かつてはダイエットには長距離選手のような遅筋を使う運動がいいとされていました。
強度の小さい運動を長くし続けることで脂肪の燃焼を促します。
もちろん今でも長距離選手のような運動に痩せる効果はありますが、それ以外に筋肉を積極的に付けるトレーニングを行うダイエットも注目されています。
筋肉をつけると基礎代謝が増え、何もしていないときでもどんどんエネルギーを消費してくれます。
食べたものもすぐに消費してくれ、付いている脂肪も消費してくれるので痩せる効果があるとされます。
自分に合った運動はどちらになるかを知っておけば、楽しくダイエットができるでしょう。

Page Top